今月のテーマ
改めてやり直す
湿布と風邪、絵。
 仕事場では加湿器を常時付けているにもかかわらず剥いたみかんは数分でカピカピになる。


まるでかかとみたいにね。


冬って本当に乾燥するんだなあ。


なんだかんだと風邪など引かないものだと思っていたけれど、ちゃんと風邪菌にやられてへなへなと鼻を垂らしたりくしゃみをしたり、涙目で惚けたような顔をしております。


近頃は2月に、絵の展示を控えているので許される限り制作にあてています。


今回は初めての大きい作品です。


いつも通りラフ無しで進めています。


筆圧が強いせいか、肩や腕がとても凝り湿布を貼ったりします。


一昔前は湿布の良さがわからなったけれど、近頃は分かります。


一昔前は肩なんて凝る苦労も湿布の気持ちよさも分かりませんでした。


歳を重ねると言う事は、分かる事が増えて、楽しいかったり切なかったりすることかも知れないですねえ。


さあどうかなあ。













- comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








おねえちゃん

わああ いえいえ
あまり年賀状っぽくなかったけれど…
よかったです。

最近はほんとう湿布に救われているよ〜。
若いけど老いも感じるこのごろ。
from. あき | 2012/01/19 20:59 |
湿布のきもちよさが
わかるようになったら
大人だよっ(-ω-)

素敵な年賀状
ありがとう!
あきちゃんらしくて
暖かい気持ちになれる
葉書でした\(^^)/
from. 彩 | 2012/01/18 23:20 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://aki-ao.jugem.jp/trackback/987
<< NEW | TOP | OLD>>