【今月の目標】
お勉強する。
多肉日誌
茎もできて小さな大人みたいになりました。
- comments(0) trackbacks(0)
多肉日誌
葉から小さい葉が生え、一週間後、白いひげのような根も生える。
- comments(0) trackbacks(0)
20161112
形として物として手に触れる事が減り、合理的にはなったが、価値が空を舞う瞬間、何だか、ふと空しくなるのだな。空しさは広がり暗く冷たくするのだな。な。
- comments(0) trackbacks(0)
20161107
おきゅうツボブックができました。少しづつ、ツボの位置を覚えたいな。肉体って知れば知るほど神秘的です。肉体が生きようとする、本来の力をもっと意識しなくては。頼ると、弱ってしまう。
- comments(0) trackbacks(0)
20161104
想いと言うものは、眼に見えないから強い。私はその強さを再確認したのだ。だから素晴らしい一日だった。代わり映えのない日常にこそある、精神の変化。この感じ、繰り返したい。
- comments(0) trackbacks(0)
20161029
冷えてきましたね。一年草の植物は朽ちて、プリンターは壊れ、衣替えしたら要らないものが増えて…何だか排出の季節。冬に備え、新しい一年に備えて、少しづつ整えて行こうと思います。
- comments(0) trackbacks(0)
メモ
無我夢中で掴みたい瞬間に立ち会えた時、本当に嬉しく感激する。納得する。この、何気ないこの瞬間だ。この瞬間にまた会いに行く為、また、日々を過ごす。前よりも少し、しっかりとした足取りで。瞬間は、日々の結晶みたいなもので、この一瞬が、いつか大きく膨らむんじゃないかと思う。
- comments(0) trackbacks(0)
敬愛なる故人
死をもってしてもなお、強烈に存在を放ち、熱の冷めぬ情熱や強い決意に私は感動するのです。この魂を感じる事が出来て、私は嬉しい。もっと感じれるようになりたい。その方の死は何故か寂しさが無いから不思議です。今も尚、魂が生きているからでしょうか。
- comments(0) trackbacks(0)
朽ちてゆくこと
故人の方の残した言葉が、耳元で囁かれ胸に響くようだから言霊の力を感じます。肉体を通して生まれた言葉達はきっとずっとずっと先も生き続けると思われます。人間の生は、生をもってして意味を持つ様で、本当は生を無くしてからがより強く響くのではないでしょうか。生き様、と言うものを前にして、深く感動するのかもしれません。永六輔さんが何かの本の中で「死んでみせる」事の大切さを書いていた事を思い出します。
- comments(0) trackbacks(0)
メモ
質素で慎ましく丁寧な暮らし
- comments(0) trackbacks(0)
| 1/71 | >>